Posts Tagged ‘金看板’

経営業務管理責任者の条件変更

本日(平成29年6月30日)より

経営業務管理責任者になるための条件

が少し変更されました。

 

 経営業務管理責任者について
 詳しくはコチラ
経営業務管理責任者とは

 

 

1、認められる経験

 

経営業務管理責任者になるためには

(従業員として建設業者に勤めていたなどではなく)

「経営管理をしていた経験」が必要です。

 

 

「経営管理をしていた経験」

として認められるのは

社長や役員、個人事業主

であった経験のほか、

支店長や営業所長など

その拠点の長であった経験とされていました。

 

 

今回の改正で

支店次長や営業次長など

拠点の長の次の役職についていた経験も

認められることになりました。

 

 

2、必要な経験年数について

 

経営業務管理責任者になるためには

上記のような経験が

①申請する業種なら5年

②それ以外の業種なら7年

必要とされていました。

 

 

今回の改正で

②の申請する業種以外で経験した場合が

7年→6年に短縮されました。

 

 

3、合算について

 

上でお伝えした経験は合算が可能です。

 

以前勤めていた会社での支店次長経験と

自分で始めた会社の社長経験を合計

 

申請する業種での経営管理経験と

他の業種での経営管理経験を合計

 

して条件を満たすことができればOKです。

 

 

 

「技術者の条件は大丈夫なんだけど、

 経営業務管理責任者のために

 あと少し待たなくては〇〇業の許可は

 とれないな」

 

と考えていた方、

6年でOKになったので

許可をとるチャンスです。

 

前回は
その他の制度、産廃についてでした。
産廃許可を取るには 


 




 岐阜県(東濃・加茂・恵那)で
金看板(建設業許可)サポートなら

エール行政書士事務所
行政書士 鈴木 亜紀子
 (岐阜県行政書士会所属)

〒507-0828
岐阜県多治見市三笠町4-41-2
   コ・ラボ多治見2C
TEL:0572-28-1428
FAX:058-23-0977
Mai:yell-office@e-mail.jp

土曜も営業
お支払いは許可が出てから。
建設業許可に関するご相談は無料です。
営業:月・火・木・金・土(祝日除く)
   9:00~18:00
ご面談はご予約制です。
事前にご予約ください
【対応地域】岐阜県多治見土木事務所管轄  
(多治見市、土岐市、瑞浪市) 
◎加茂土木事務所管轄  
(可児市、美濃加茂市、可児郡御嵩町、加茂郡) 
◎恵那土木事務所管轄  
(恵那市、中津川市)

お問い合わせ 

なぜエール行政書士事務所が選ばれているのか?
こちらをご覧ください。
→エール行政書士事務所は・・・

ご依頼主様からの声はコチラ
→ご依頼主様からの声 

料金についてはコチラ
→料金のご案内

看板をつける

 

建設業許可を取ったら・許可後の義務
看板の掲示

 

建設業の許可をとったら

営業所に

看板を掲げなくてはいけません。

 

 

建設業許可のことを

『金看板』

と呼ぶ方が多いですが、

許可業者が掲げる看板から来ているのですね。

 

 

ただし、看板は

金でなくても構いません。

 

銀の事業所さんもあれば、

白の事業所さんもあります。

 

よく見比べてみると

値段もまちまち・・・

 

 

そしてよく許可をとることを

「金看板をとる」と言いますが、

許可が出ても看板はもらえません。

 

許可が出たときに役所からもらうのは

「許可通知書」というA4の紙1枚

です。(上の写真のもの)

 

看板は、許可が出たら事業所さんが

自分で用意するのです。

(役所で売っているわけではなく民間の看板屋さんで)

 

 

大きさは

タテ35cm以上 × ヨコ40cm以上

※これは営業所につける看板のサイズです。

※現場に掲げる看板はもう少し小さく
 タテ25cm以上×ヨコ35cm以上

 

 

記載することは

・会社名(屋号)

・代表者の氏名

・許可について

 ① 一般か特定か
 ② 許可業種
 ③ 許可番号(誰から出た免許か)
 ④ 許可年月日

です。

 

 

岐阜県から出ている見本はこちらです↓

 

看板を掲示することは

建設業法で決められたことです。

(要するに看板がないのは建設業法違反)

 

また、許可の更新の際には

看板の写真を撮って提出します。

 

ご自宅を営業所としている場合も

看板は作っておいてください。

 

 

 

必要なら許可が出たときに

看板業者さんをご紹介しますね。

上で書いたような決まりは

既にご存じの業者さんです。

 

 

前回は、解体、とび・土工での経審
解体工事業・経営事項審査 

 

 




 岐阜県(東濃・加茂・恵那)で
金看板(建設業許可)サポートなら

エール行政書士事務所
行政書士 鈴木 亜紀子
 (岐阜県行政書士会所属)

〒507-0828
岐阜県多治見市三笠町4-41-2
   コ・ラボ多治見2C
TEL:0572-28-1428
FAX:058-23-0977
Mai:yell-office@e-mail.jp

土曜も営業
お支払いは許可が出てから。
建設業許可に関するご相談は無料です。
営業:月・火・木・金・土(祝日除く)
   9:00~18:00
ご面談はご予約制です。
事前にご予約ください
【対応地域】岐阜県多治見土木事務所管轄  
(多治見市、土岐市、瑞浪市) 
◎加茂土木事務所管轄  
(可児市、美濃加茂市、可児郡御嵩町、加茂郡) 
◎恵那土木事務所管轄  
(恵那市、中津川市)

お問い合わせ 

なぜエール行政書士事務所が選ばれているのか?
こちらをご覧ください。
→エール行政書士事務所は・・・

ご依頼主様からの声はコチラ
→ご依頼主様からの声 

料金についてはコチラ
→料金のご案内 

法人でないと許可はとれない?

 

建設業許可について

法人でないと許可はとれない?

 

 

 

・・・結論から言います。

 

個人事業でも建設業許可はとれます。

 

事業主さん1人の個人事業

建設業許可をもっているところも

たくさんあります。

 

 

個人事業であっても

・専任技術者が必要
・経営管理の責任者が必要

という建設業許可の条件は変わらないので

 

お1人の事業であれば、

その事業主さん自身が

「専任技術者」にも「経営業務の責任者」にも

なれる条件をクリアしていなくてはいけません。

 

 

個人事業での建設業許可

「その事業主個人に

与えられるものです。

 

ですから、

 

・息子に代替わりした

・法人組織にした

 

というときであっても

新規で許可をとりなおさなくてはいけません。

 

ちなみに、法人での建設業許可

「その会社に

与えられるので

代表が変わっても許可はそのままです。

 

 

 

個人事業で許可を取るときは

「代替わりしたら

 許可をとりなおさなくてはいけない」

ということにご注意ください。

 

 

その際、

新しい事業主さん(息子さんなど)

事業主経験がないため

「経営業務の管理責任者になれない」

(許可がとれない)

という事態が発生しがちです。

 

代替わりをお考えの際には

ご相談ください。

 

 

前回の記事
→こんなときは許可がとれません(欠格要件) 

 




 岐阜県(東濃・加茂・恵那)で
金看板(建設業許可)サポートなら

エール行政書士事務所
行政書士 鈴木 亜紀子
 (岐阜県行政書士会所属)

〒507-0828
岐阜県多治見市三笠町4-41-2
   コ・ラボ多治見2C
TEL:0572-28-1428
FAX:058-23-0977
Mai:yell-office@e-mail.jp

土曜も営業
お支払いは許可が出てから。
建設業許可に関するご相談は無料です。
営業:月・火・木・金・土(祝日除く)
   9:00~18:00
ご面談はご予約制です。
事前にご予約ください
【対応地域】岐阜県多治見土木事務所管轄  
(多治見市、土岐市、瑞浪市) 
◎加茂土木事務所管轄  
(可児市、美濃加茂市、可児郡御嵩町、加茂郡) 
◎恵那土木事務所管轄  
(恵那市、中津川市)

お問い合わせ 

 
なぜエール行政書士事務所が選ばれているのか?
こちらをご覧ください。
→エール行政書士事務所は・・・

ご依頼主様からの声はコチラ
→ご依頼主様からの声 

料金についてはコチラ
→料金のご案内