Posts Tagged ‘収集運搬’

産廃の許可

 

建設業許可をとったら

次に用意したいのは

「産廃業の許可」

です。

 

 

産業廃棄物を運ぶためには

県知事の許可が必要です。

 

 

産廃とは、

一般家庭ではなく事業活動によってでたゴミ

 

ゴミを出した事業所以外が

運ぶためには許可が必要です。

 

 

自社で工事して出たゴミを

自社で運ぶときには許可は不要です。

(ステッカーを貼ることとはなっていますが)

 

ただし、

他の事業所の工事で出たゴミを運ぶには

(自社も同じ物件の工事に関わっていたとしても)

産廃の許可が必要です。

 

 

産廃を運ぶ量や機会が少なくても

産廃の運搬を行う場合は許可が必要です。

 

 

大がかりな設備はいりません。

個人事業でもOKです。

トラック1台からOKです。

 

 

同業者と一緒に工事に入って

完全にゴミを分けることは

・・・現実的ではありませんよね。

 

ですから、建設業者さんは

(特に下請で事業を請け負う会社さんは

 下請工事に入れなくなることを避けるために

とりあえず産廃の許可をとっておく

という選択をするのです。

 

 

元請けさんから

「建設業の許可番号と

  産廃の許可番号を出して」

と言われてはじめて

産廃業許可の取得を考え始める

事業所さんもいらっしゃいます。

 

 

ただし、産廃の許可を取るには

申請をしてから

40日くらい(休日を除く)かかります。

(岐阜県の場合)

 

それに、

申請前に役員が

『日本産業廃棄物処理振興センター』

という団体の講習を受けておく必要

があります。

 

この講習ですが、

岐阜市、名古屋市での開催は少なく

うまくタイミングがあわなければ

申請までに何ヶ月も待たなくてはいけません。

(もしくは、遠くまで講習を受けに行くか・・・)

 

 

元請け業者さんに言われて焦る前に

建設業許可を取ったら次のステップとして

早めに考えておくことをお勧めします。

 

 

前回は、許可後の手続き 
事業年度終了届出 

 

 




 岐阜県(東濃・加茂・恵那)で
金看板(建設業許可)サポートなら

エール行政書士事務所
行政書士 鈴木 亜紀子
 (岐阜県行政書士会所属)

〒507-0828
岐阜県多治見市三笠町4-41-2
   コ・ラボ多治見2C
TEL:0572-28-1428
FAX:058-23-0977
Mai:yell-office@e-mail.jp

土曜も営業
お支払いは許可が出てから。
建設業許可に関するご相談は無料です。
営業:月・火・木・金・土(祝日除く)
   9:00~18:00
ご面談はご予約制です。
事前にご予約ください
【対応地域】岐阜県多治見土木事務所管轄  
(多治見市、土岐市、瑞浪市) 
◎加茂土木事務所管轄  
(可児市、美濃加茂市、可児郡御嵩町、加茂郡) 
◎恵那土木事務所管轄  
(恵那市、中津川市)

お問い合わせ 

なぜエール行政書士事務所が選ばれているのか?
こちらをご覧ください。
→エール行政書士事務所は・・・

ご依頼主様からの声はコチラ
→ご依頼主様からの声 

料金についてはコチラ
→料金のご案内