産廃許可の種類

建設業許可を取ったら次に考えたいのが

産廃の許可

 

建設業者さんに産廃業許可が必要な理由は
こちら→産廃の許可

 

 

産廃業には様々な種類がありますが

建設業者さんがとるべきは

収集運搬業の許可です。

 

産廃を運ぶための許可です。

 

 

 

許可を出すのは県知事です。

 

大きな自治体は県ではなく市の許可となります。
名古屋市、豊橋市、豊田市又は岡崎市は、
それぞれの市長の許可。
岐阜市に関しても
岐阜市内で積み替え保管を行う場合は
岐阜市長の許可になります。
(収集運搬だけの場合は岐阜県知事の許可でOKです)

 

 

どこの県の許可をとるかというと・・・

 

産業廃棄物を

・積む県

・おろす県

です。

 

建設業許可は営業所がある場所によって

(現場がどこであろうと)

どこの許可をとるかが決まりましたが

 

産廃業の許可は、

事業所の場所で決まるものではありません。

どこで産廃を積み、どこでおろすか

でどこの許可をとるかが決まります。

 

 

例えば・・・

 

産業廃棄物を

多治見市で積み、小牧市でおろすためには

愛知県と岐阜県の両方の許可

とる必要があります。

 

 

ちなみに

「通過するだけの県」

の許可は不要です。

 

例えば・・・

 

富山県で積み、愛知県でおろす場合は

富山県と愛知県の許可は必要ですが、

通過するだけの岐阜県の許可は不要です。

 

 

岐阜県と愛知県では許可の条件が違い、

岐阜県で許可が取れたからといって

愛知県でも許可がとれるとは限りません。

 

もちろん、許可を取るにはお金もかかります。

 

事前に産廃の動きを考えて、

必要な許可をとりましょう。

 

 

前回は、
建設業者さんが産廃の許可をとる理由について
産廃の許可 

 




 岐阜県(東濃・加茂・恵那)で
金看板(建設業許可)サポートなら

エール行政書士事務所
行政書士 鈴木 亜紀子
 (岐阜県行政書士会所属)

〒507-0828
岐阜県多治見市三笠町4-41-2
   コ・ラボ多治見2C
TEL:0572-28-1428
FAX:058-23-0977
Mai:yell-office@e-mail.jp

土曜も営業
お支払いは許可が出てから。
建設業許可に関するご相談は無料です。
営業:月・火・木・金・土(祝日除く)
   9:00~18:00
ご面談はご予約制です。
事前にご予約ください
【対応地域】岐阜県多治見土木事務所管轄  
(多治見市、土岐市、瑞浪市) 
◎加茂土木事務所管轄  
(可児市、美濃加茂市、可児郡御嵩町、加茂郡) 
◎恵那土木事務所管轄  
(恵那市、中津川市)

お問い合わせ 

なぜエール行政書士事務所が選ばれているのか?
こちらをご覧ください。
→エール行政書士事務所は・・・

ご依頼主様からの声はコチラ
→ご依頼主様からの声 

料金についてはコチラ
→料金のご案内 

Tags: , ,

Trackback from your site.