事業年度終了届出

 

許可を取ったら・許可後の義務 

事業年度の終了届出

 

 

建設業許可をとったら

毎年 決算から4ヵ月以内

事業年度終了届出

(「決算変更届出」とも言います)

を行わなくてはいけません。

 

 

県知事免許の事業所は

地区の土木事務所に提出します。

(県知事に出すのですが窓口は地区の土木事務所です)

 

大臣免許の事業所は

(メインの営業所がある県の)県庁

提出します。

 

 

届出の内容は

この1年で行った工事の内容

(工事名、工期、金額、現場、主任技術者の氏名など)

決算に関する内容

(貸借対照表、損益計算書、製造原価報告書など
 決算書の内容を建設業の形に作りかえます)

などです。

 

 

決算書の内容を反映させるので、

 

決算→2ヵ月程度で確定申告→

1年の工事の内容をまとめる→

→建設業の事業年度終了届出

  (決算から4ヵ月以内)

 

という流れになります。

 

 

経審を受ける場合は、

事業年度終了届出をしてから(同時でもOK)

経審の申し込みをすることになります。

経審のスケジュールに合わせて、決算から

3カ月程度で事業年度の終了届出を行う

計画になります。

 

 

この事業年度の終了届出、たまに

(そんな届出をしなくてはいけないことを

「知らなかった!」

という事業所さんもいますが

 

(許可申請のときに行政書士がついていながら
 なぜそのような事態が起こるのかわかりませんが)

 

これができていなければ

建設業許可の更新ができません。

 

 

許可をとったら毎年届出がある

と覚えておいてください。

 

 

(もちろん弊所でお付き合いさせていただいている
事業所さんは
 時期がきたらこちらから
お声がけさせていただきますからね)

 

 

ちなみに、この事業年度終了届出

エール行政書士事務所では

2万円(+実費400円)

でやらせていただきます。

3万円の事務所さんが多いので

これは、安い料金設定かと思います。

 

なぜ安くやらせていただくかと言うと・・

 

多くの件数をやらせていただいているので

「これをやるための勉強」

に時間を費やすこともなく、

慣れていて速くできるので。

 

②行政書士・鈴木亜紀子が実は以前、

 銀行員をしており

 決算書を見るのが好きだから。

 (文系の方が多いので決算書が苦手な行政書士もいるのですが)

 

です。

 

 

前回は、許可を取った後の義務
変更届出 

 




 岐阜県(東濃・加茂・恵那)で
金看板(建設業許可)サポートなら

エール行政書士事務所
行政書士 鈴木 亜紀子
 (岐阜県行政書士会所属)

〒507-0828
岐阜県多治見市三笠町4-41-2
   コ・ラボ多治見2C
TEL:0572-28-1428
FAX:058-23-0977
Mai:yell-office@e-mail.jp

土曜も営業
お支払いは許可が出てから。
建設業許可に関するご相談は無料です。
営業:月・火・木・金・土(祝日除く)
   9:00~18:00
ご面談はご予約制です。
事前にご予約ください
【対応地域】岐阜県多治見土木事務所管轄  
(多治見市、土岐市、瑞浪市) 
◎加茂土木事務所管轄  
(可児市、美濃加茂市、可児郡御嵩町、加茂郡) 
◎恵那土木事務所管轄  
(恵那市、中津川市)

お問い合わせ 

なぜエール行政書士事務所が選ばれているのか?
こちらをご覧ください。
→エール行政書士事務所は・・・

ご依頼主様からの声はコチラ
→ご依頼主様からの声 

料金についてはコチラ
→料金のご案内 

 

Tags: , , ,

Trackback from your site.