建設業許可の種類(一般or特定)

許可を取るまで

 

建設業許可の種類
「一般建設業許可」と
「特定建設業許可」

 

建設業許可には

 

①特定建設業許可

②一般建設業許可

 

の2つがあります。

 

 

 

どちらの許可をとるべきか?

 

それは、

請負工事の形態と金額で決めます。

 

 

まず

①特定建設業許可が必要なのは

 

元請け業者である。

 (発注者から直接請け負う)

 

「しかも」

 

1件あたり4000万円以上の

 下請工事を出す。

 (建築一式の場合は6000万円以上)

 

場合のみです。

 

 

それ以外の場合は

 

②一般建設業許可でOKです。

 

 

下請業者に出す金額がどれだけ大きくても

自社が元請ではなく下請であれば

一般建設業許可でOKです。

 

元請業者であっても

4000万円以上の下請工事を出さない

(建築一式工事の場合は6000万円以上)

のであれば

一般建設業許可でOKです。

 

 

特定建設業許可は

技術の面でも資金の面でも

一般建設業許可より厳しくなりますので

 

特定建設業許可が必要な場合のみ

特定を申請して

 

それ以外の場合は

一般建設業許可を申請すれば良いでしょう。

 

 

前回の記事
→建設業許可の種類(大臣or県知事) 

 

 




 岐阜県(東濃・加茂・恵那)で
金看板(建設業許可)サポートなら

エール行政書士事務所
行政書士 鈴木 亜紀子
 (岐阜県行政書士会所属)

〒507-0828
岐阜県多治見市三笠町4-41-2
   コ・ラボ多治見2C
TEL:0572-28-1428
FAX:058-23-0977
Mai:yell-office@e-mail.jp

土曜も営業
お支払いは許可が出てから
建設業許可に関するご相談は無料です。
営業:月・火・木・金・土(祝日除く)
   9:00~18:00
ご面談はご予約制です。
事前にご予約ください
【対応地域】岐阜県 
多治見土木事務所管轄  
(多治見市、土岐市、瑞浪市) 
加茂土木事務所管轄  
(可児市、美濃加茂市、可児郡御嵩町、加茂郡) 
恵那土木事務所管轄  
(恵那市、中津川市)

お問い合わせ 

 
なぜエール行政書士事務所が選ばれているのか?
こちらをご覧ください。
エール行政書士事務所は・・・

ご依頼主様からの声はコチラ
ご依頼主様からの声 

料金についてはコチラ
料金のご案内 

Tags: , , , ,

Trackback from your site.