建設業許可の種類(大臣or県知事)

許可を取るまで

建設業許可の種類
「大臣免許」と
「県知事免許」

 

建設業の許可は

「誰の許可を取るか」

という点において

 

①国交省大臣

②都道府県知事

 

の2パターンがあります。

 

 

では、

どちらの許可を取ればよいでしょうか?

 

なんとなく県知事の許可よりも
国交省大臣の許可の方が強そうな気がしますが・・・
 

 

どちらの許可をとっても

「できること」は同じです。

 

 

これは、

「営業所」の場所によって

どちらの許可をとるかが決まります。

 

建設業の営業所が

 

2つ以上の都道府県

 またがって存在する場合は

 国交省大臣

 

1つの都道府県内にあるときは

 都道府県知事

 

の許可を取ります。

 

例えば・・・

「多治見営業所」と「中津川営業所」のように

営業所が2つ以上あっても

同じ岐阜県内なら岐阜県県知事の許可を取ります。  


 

 

これは「建設業の」営業所

について考えます。

 

例えば・・・

「岐阜県では建設業を行って長野県では不動産業を行う」

ということであれば

建設業の営業所は岐阜県のみなので

岐阜県知事の許可を取ります。

 

 

 

岐阜県知事免許の場合は

岐阜県でしか工事ができないんですか?

 

とよく聞かれますが

 

そうではありません。

 

 

岐阜県知事の許可で

愛知で工事をしても、長野県で工事をしても

OKです

 

「建設業の営業所」がどこにあるのか

で誰の許可をとるのかを判断してください。

 

前回の記事
なぜ許可をとるべきなのか? 
 

 




 岐阜県(東濃・加茂・恵那)で
金看板(建設業許可)サポートなら

エール行政書士事務所
行政書士 鈴木 亜紀子
 (岐阜県行政書士会所属)

〒507-0828
岐阜県多治見市三笠町4-41-2
   コ・ラボ多治見2C
TEL:0572-28-1428
FAX:058-23-0977
Mai:yell-office@e-mail.jp

土曜も営業
お支払いは許可が出てから。
建設業許可に関するご相談は無料です。
営業:月・火・木・金・土(祝日除く)
   9:00~18:00
ご面談はご予約制です。
事前にご予約ください
【対応地域】岐阜県多治見土木事務所管轄  
(多治見市、土岐市、瑞浪市) 
◎加茂土木事務所管轄  
(可児市、美濃加茂市、可児郡御嵩町、加茂郡) 
◎恵那土木事務所管轄  
(恵那市、中津川市)

お問い合わせ 

なぜエール行政書士事務所が選ばれているのか?
こちらをご覧ください。
→エール行政書士事務所は・・・

ご依頼主様からの声はコチラ
→ご依頼主様からの声 

料金についてはコチラ
→料金のご案内 

Tags: , , , ,

Trackback from your site.