なぜ許可を取るべきなのか?

許可を取る前

なぜ許可を取るべきなのか?

 

 

ご存じかと思いますが・・・

 

「建設業許可」がなくても

自社の名前で工事ができます。

それでも建設業許可をとりたがる

事業所が多いのはなぜでしょう?
 

 

1つは、

金額の高い工事も

請け負うことができるから。

 

建設業の許可なしでは

500万円未満の工事しか

請負うことができません。

 

(建築一式工事の場合は1500万円未満の工事
 もしくは延面積150㎡未満の木造住宅工事)

 

単価の大きな工事を
受注しようと努力してきたのに
500万円を越したために
工事を請け負うことができなかった。

 

ということがないように。

 

単価の高い工事を請け負いたいと思う場合は

あらかじめ建設業許可を取っておきます。

※許可を取るには時間がかかります。

 

 

さらに・・・

 

個人宅のリフォーム工事、ガレージの建設、

屋根工事、個人宅の電気工事 などを

専門に請け負う事業所さんなど

 

 

1件の工事で請負金額が500万円以上に

なることが考えれらない場合であっても

建設業許可を取る事業所さんは多いです。

 

 

 

『許可業者である』

という事実が重要

なのです。

 

元請け業者や取引先から

 

・うちだけ許可がないと比べられた。

 

・「これからは許可がなければ

  工事に参加させない」と言われた。

 

・「許可番号は?」と聞かれた。

 

・「許可をとってきて」と言われた

 

 

・・・という理由で

建設業許可を考える事業所さんも多いです。

 

 

他の建設業者と仕事をするためには

『許可を持っている』という事実

がとても重要になります。

 

500万円以上の工事を請け負う予定がない

事業所さんにとっても

建設業許可は大きな意味を持つのです。

 

 

実際、

「元請業者に許可を取ってくるように

   言われて・・・」

とご相談に見える事業所さんは多いですね。

 

 




 岐阜県(東濃・加茂・恵那)で
金看板(建設業許可)サポートなら

エール行政書士事務所
行政書士 鈴木 亜紀子
 (岐阜県行政書士会所属)

〒507-0828
岐阜県多治見市三笠町4-41-2
   コ・ラボ多治見2C
TEL:0572-28-1428
FAX:058-23-0977
Mai:yell-office@e-mail.jp

土曜も営業
お支払いは許可が出てから。
建設業許可に関するご相談は無料です。
営業:月・火・木・金・土(祝日除く)
   9:00~18:00
ご面談はご予約制です。
事前にご予約ください
【対応地域】岐阜県多治見土木事務所管轄  
(多治見市、土岐市、瑞浪市) 
◎加茂土木事務所管轄  
(可児市、美濃加茂市、可児郡御嵩町、加茂郡) 
◎恵那土木事務所管轄  
(恵那市、中津川市)

お問い合わせ 

なぜエール行政書士事務所が選ばれているのか?
こちらをご覧ください。
→エール行政書士事務所は・・・

ご依頼主様からの声はコチラ
→ご依頼主様からの声 

料金についてはコチラ
→料金のご案内 

Tags: , ,

Trackback from your site.